令和3年度 公立つるぎ 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - - 13 32 51 150 219 163
令和3年度の退院患者でかつ急性期一般病棟に1回以上入院した患者を10歳刻みで集計しています。
当院には、幅広いニーズに対応できるよう 急性期一般病棟、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟があります。
当地域(白山麓、旧鶴来町)の高齢化に比例し、全体の約90%が60歳以上となっています。その中でも80歳以上の割合が約65%を占めています。全国平均からみてもかなり高齢化率の高い病院です。
※患者数が10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 43 35.09 19.00 13.95% 86.91
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 36 38.06 16.00 11.11% 88.69
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 24 22.96 12.00 4.17% 86.54
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名あり A- スコア2 11 28.18 15.00 0.00% 83.00
0400801499x013 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名あり A- スコア3 10 43.10 15.00 0.00% 89.10
内科では、誤嚥性肺炎、心不全、尿路感染症が例年上位を占めています。
高齢者は免疫力や体力が低下しており感染症に罹患しやすい、あるいは重症化しやすい傾向にあります。
当院でも高齢者の患者が多く重症化しやすいため、平均在院日数は全国平均よりも長くなっています。
誤嚥性肺炎予防のため、平成31年より口腔ケア回診に取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 31 72.23 23.00 6.45% 88.03
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 16 58.25 16.00 6.25% 79.00
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 12 57.17 18.00 0.00% 86.08
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 12 60.75 20.00 8.33% 79.50
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術処置2なし 10 54.20 16.00 10.00% 78.90
整形外科では、股関節や太もも付近の骨折、背骨・腰骨の骨折などが例年上位を占めています。
骨粗鬆症による骨折で入院した患者の再骨折を予防するため、整形外科医師・看護師・薬剤師や療法士などの多職種による骨折リエゾンチームが活動しています。
リハビリテーションでのADL向上速度の遅さ、合併症の発生、併存病の存在などの理由により平均在院日数が長くなっているものと考えられます。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 11 4.18 7.00 0.00% 64.73
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし - - 16.00 - -
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 - - 2.00 - -
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-2あり 定義副傷病名なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 16.00 - -
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし A- スコア1 - - 15.00 - -
ひとりひとりの身体能力に合わせたリハビリテーションを行っています。透析患者に運動指導を行う「腎臓リハビリテーション」や、心臓病の患者に運動療法や生活指導を行う「心臓リハビリテーション」なども行っています。
医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士・医療ソーシャルワーカーなど他職種が連携し、在宅や施設への退院を目指します。
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx97x0xx 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置2なし - - 15.00 - -
161020xxxxx00x 体温異常 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 5.00 - -
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC病期分類とは、がんの進行度を判定する基準として国際的に活用されている国際対がん連合(UICC)採用のがんの分類方法のことです。
「原発腫瘍の進展範囲」「領域リンパ節への転移の有無と転移の範囲」「遠隔転移の有無」をおのおの評価し総合病期(Stage)を導き出します。StageⅣとは最も進んだStageとなります。
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 32 30.78 85.13
重症 13 33.92 88.15
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎の重症度分類とは、①年齢(男性70歳以上、女性75歳以上) ②BUN21mg/dl以上または脱水あり ③SPO2 90%以下 ④意識障害あり ⑤血圧(収縮期90mmHg以下)の該当数で分類することです。
該当項目が0の場合は軽症、1~2項目該当する場合は中等症、3項目該当する場合は重症、4項目以上該当する場合、または1項目のみの該当であってもショック症状が見られた場合は超重症となります。当院は高齢者が多いため、ほぼ全ての症例で「①年齢」には該当します。
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 11 62.64 82.82 7.14%
その他 - - - -
急性期には保存的治療を行いますが、必要に応じて地域の医療機関と連携し、速やかに転院できるよう調整します。
他院で急性期治療を終了した患者が継続的な治療・リハビリを行うために当院が転院を受け入れるケースもあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) など 27 2.89 65.56 3.70% 87.41
K0821 人工関節置換術(股) など 18 2.89 57.39 5.56% 76.44
K0462 骨折観血的手術(前腕) 12 0.25 10.50 0.00% 73.17
K093 手根管開放手術 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
整形外科では、骨折観血的手術(大腿)、人工関節置換術(膝)が例年上位です。
急性期一般病棟から回復期リハビリ病棟へ転棟し在宅や施設への退院に向けたリハビリテーションに専念することができます。
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施する場合) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 11 0.00 3.18 0.00% 64.73
K6173 下肢静脈瘤手術(高位結紮術) - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)とは、血液透析を行う際に動脈と静脈を皮膚の下でつなぎ合わせる手術です。静脈に流れる血液の量が増え、血液が取り出しやすくなります。
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
※10未満の数値の場合は「-」と表記しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 2.02%
異なる - -
手術や処置などを行う際には合併症を起こさないよう細心の注意を払っています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2022/9/22
指標「公立つるぎ病院」の令和3年度を更新

平成28年度 公立つるぎ病院 病院指標
平成29年度 公立つるぎ病院 病院指標
平成30年度 公立つるぎ病院 病院指標
令和元年度  公立つるぎ病院 病院指標
令和2年度  公立つるぎ病院 病院指標